ホーム > 会社案内(ごあいさつ)
 株式会社ひまわり ごあいさつ

株式会社ひまわりは、「質・量ともにリゾート不動産業No.1」をめざしています。

当社は創業以来、お客様は「大切な親戚・友人」との気持ちでおります。
当社はリゾート再生のため、住宅宿泊事業法(民泊法)を積極的に活用・推進致します。

魚沼平野はコシヒカリの稲刈りも終わり、秋晴れのさわやかな季節を迎えております。

私が「質・量ともにリゾート不動産業No.1」をめざし、1988年6月に25歳で越後湯沢で創業してから今日まで、力不足の私共が順調に事業を拡大することが出来ましたことも、ひとえに当社をご愛顧・ご支援頂きました皆様のおかげと改めて深く感謝申し上げます。
デフレ脱却・インバウンドの伸長・民泊法等により、日本のリゾートは大きな転換点を迎え、軽井沢・ニセコ・白馬・箱根等世界が求めるリゾート地はホテルやコンドミニアムの建設ラッシュとなり、一部バブルの様相すら呈してまいりました。
今期も創業の志を大切にし、リゾートマンション・別荘の不動産流通、管理、運営、建築・修繕等グループの力を結集して、皆様からの期待に応えるべく誠心誠意取り組んでまいる所存です。皆様には、より一層のご指導・ご愛顧の程お願い申し上げます。

今年6月から待望の民泊法が施行されました。様々な規制や住民のアレルギー反応が強く思った以上に出足は厳しいものがありますが、当グループでは、別荘地・リゾートマンション再生の切り札として、所有者の皆さまのご理解のもと、より多くの皆様から支持される秩序ある民泊の推進に全力で取り組み良い成果が出始めております。これからも、積極的に民泊セミナーの開催や、リゾートマンションの管理受託・別荘地管理運営会社のグループ化を進めており、一昨年12月の東京建物様からの「エンゼルフォレスト那須白河(旧レジーナの森羽鳥湖高原)」に続き、今年3月1日より、小松製作所様からの6別荘地・約5500区画の別荘管理事業の「エンゼルフォレストリゾート(旧コマツゼネラルサービス)」の事業を譲り受けました。
別荘地管理や民泊について、ご関心がある方はぜひご相談下さい。

また、築250年を誇る貴重な魚沼の歴史的建造物である、「小千谷豪商の館 西脇邸」を、4月に小千谷産業にて取得し5月3日~5日の3日間お披露目させて頂き、5,000人もの方に来館頂きました。お庭は池の補修もおわり、小千谷市錦鯉漁業協同組合・細海養鯉業様から大きな錦鯉を寄贈頂き先日放流いたしました。ただ残念ながら屋内は、用途変更に伴う許認可が必要で、来年の夏頃のオープンとなりそうです。
先日行われた長岡造形大学平山育男先生による調査の中で、手前の店舗棟が248年前の1770年(明和7年)の建築である事、奥のお座敷棟がちょうど100年前の1920年(大正7年)の建築で、日本の明治・大正を代表する建築家曽禰達蔵先生中條精一郎先生の設計にるものであり、特に曽禰先生の木造作品は残っているものも少なく大変貴重な建築物だということがわかりました。
9月3日に制作発表された「峠 最後のサムライ」のロケ地に決定しました。原作は、最後のサムライと呼ばれた幕末長岡藩家老河井継之助の生きざまを描いた司馬遼太郎著、284万部発行の「峠」。巨匠小泉堯史監督により今回の初めての映像化となります。役所広司さん主演、松たか子さん・仲代達矢ら豪華俳優陣により西脇邸では11月の撮影を予定しており、今から大変楽しみにしています。これからも貴重な歴史を引き継ぎ、今の時代に求められる観光資源として維持・発展させていきたいと思っています。

私が「質・量ともにリゾート不動産業No.1」をめざし、1988年6月に25歳で越後湯沢で創業してから今年の6月で満30年となりました。
このように順調に事業を拡大することが出来ましたことも、ひとえに当社をご愛顧・ご支援頂きました皆様のおかげでございます。
改めて深く感謝申し上げますとともに、創業の志を大切にし日本のリゾートライフの充実・活性化に貢献してまいります。
皆様には、より一層のご指導・ご愛顧の程お願い申し上げます。

ひまわりによる不動産業は、順調な経済状況を反映して、売買1,138件(前年度比+3件)・賃貸1,066件(前年度比+100件)、創業以来、売買16,635件・賃貸14,943件(2018年8月末)と大変多くのお客様にお取引を頂きました。

株式会社エンゼルによる管理部門では、以前から管理しておりました5棟1,502戸に加え、新体制になってから新たに39棟5,698戸(2018年9月1日現在)の管理受託を頂き、合計44棟7,200戸の管理を行いさらに理事会・総会決定を頂く等目標の1万戸に向け順調に推移しております。今年8月から、西武ヴィラ苗場クリスタル館533戸の管理の受託を頂く等多くの皆様からの信頼と期待に応えて参りたいと思っています。
エンゼルフォレスト那須白河・エンゼルフォレストリゾートでの別荘地管理、合計7別荘地約5,800区画にも引き続き、さらに新規別荘地の取得に積極的に取り組み、「質・量ともにリゾート管理No.1」を目指して参ります。

ホテル部門の「エンゼルグランディア越後中里」では、お子様連れのリピーターのお客様が増えていることもあり、2018年8月末に終わった第33期の宿泊者数は昨年比13,398人増の218,847人と大変多くのお客様にご来館を頂き、今期目標の21万5千人を超え順調に推移しております。

酒造部門の「苗場酒造」は、今年全国新酒鑑評会での金賞受賞を頂くことが出来ました。私が経営を始めた5年間で3回金賞を受賞するなど、あらためて風土・雪・水・米・人に恵まれた津南は酒造最適地であと実感できました。
首都圏有力居酒屋様での取り扱い増加や、香港への大口輸出が進み、また、あらかじめネットで予約を受けて純米吟醸等を加熱・加水・濾過等一切の加工をせず瓶詰めしてお客様にダイレクトに宅配便で送る、フレッシュで力強い酒質の「上槽直詰-無濾過生原酒」や、今人気の酒米「雄町」を40%まで削った大吟醸雄町の他、梅酒用の日本酒、良質な酒粕等独自商品の開発・販売や、直営店・ネット等の直販を進め、これからも新潟県津南の地酒蔵らしい高品質の日本酒で世界に挑戦致します。

エンゼル建設では、リゾートマンション共用部改修・清掃業務の他、特に売買・賃貸時の専有部分のリフォームのご依頼を多数受注することが出来ました。
また、世界№1ログメーカーである「ホンカ」様の正規ディーラーとなり、那須白河に来年モデルハウスを3棟、軽井沢に新築建売別荘1棟の合計4棟を完成いたしました。 高品質なフィンランドの本物ログを是非ご検討ください。
社員の採用・育成を進め、湯沢のみならず伊豆・軽井沢・那須白河等各エリアへ積極的に展開して参ります。

エンゼル那須白河では、その素晴らしい世界観・温泉を活かし、愛犬家ホテル・別荘地として新築貸別荘分譲・会員権を進め発展させて参ります。
先日、別荘所有者様の多くの賛同を頂き、別荘地としては日本で初めて別荘地内での旅館業法・民泊活用の管理規約の改正を行うことが出来、6月から運用を開始し順調に予約も入っており、ニーズの強さを感じております。
民泊・簡易旅館業法を利用した別荘運営のモデルケースとして、是非成功させたいと思っております。

エンゼル香港では、アジアの目覚ましい成長をグループ各社に取り込む為昨年10月現地法人を設立いたしましたが、中国の影響からか事実上の各種規制も厳しく、現在の当グループでは力不足と判断し、残念ながら9月末で撤退することと致しました。ただ、南雲現地法人社長をはじめ、現地ならではの経験を積むこともでき、これからのビジネスで取り戻してまいりたいと思っています。

バブル崩壊から30年近くが経過し、長いデフレ経済・少子高齢化・物件の老朽化もあり、多くの日本のリゾートはその存続すら危ぶまれるエリアが増え大変厳しい状況もありますが、今年6月施行した住宅宿泊事業法(民泊法)は、世界的標準である、自己使用しないときは貸別荘として運用することにより、有効活用・維持費の軽減・投資商品化する素晴らしいシステムです。
日本の別荘・リゾートマンション再生の為、不動産、建設、ホテル・貸別荘運営、管理、レストラン等グループ一丸となり積極的に民泊に取り組んで参ります。
民泊にご興味・ご質問のある方は、是非当社にご相談下さい。

当社は創業以来「大切な親戚・友人」にお勧めする気持ちでお客様と接してまいりました。
当社からお問い合わせ先へのご訪問やご迷惑な電話等は一切行いません。お気軽にお問い合わせ下さい。
私をはじめ当社社員はまだまだ未熟ですが、より高い専門知識と企業倫理感を持ち、プロとして実力のある信頼される会社を目指し精一杯頑張ってゆく所存です。
これからも、お客様に感謝の気持ちを持ち、基本に忠実に、一人一人のお客様、一つ一つの仕事をより丁寧に行い、名実ともに「質・量ともにリゾートサービス業№1」を目指してまいります。
第32期も「リゾートの再生」を目標に社員一同、皆様からのご期待と信頼にお応えして参ります。
引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

平成30年10月6日
株式会社ひまわり 代表取締役 新保光栄

新保光栄

株式会社ひまわり

代表取締役 社長

小千谷産業株式会社

代表取締役 社長

苗場酒造株式会社

代表取締役 社長

株式会社エンゼル

取締役 会長

株式会社エンゼル那須白河

取締役 会長

株式会社エンゼルフォレストリゾート

取締役 会長

株式会社エンゼル建設

監査役

   
    株式会社ひまわり 代表取締役 新保光栄
西長岡店 執行役員 店長 海津勇一郎
長岡今朝白店 店長 増茂秀一郎

Copyraight©2003-2012 nagaoka.jp All Rights Reserved